STTA planning 沖縄から世界へオリジナルな快適空間を創造する企画 & 設計のデザイン事務所

Contact us
top
news
concept
services
works
company
word
recruit
links
2005.12.20
やればできた!!!

ガッツポーズのスタッフS♪ 7/25日のこのコーナーで、2005年1級建築士の1次試験合格をお知らせしていた某スタッフS。本日、2次の製図試験にも、無事合格したという通知がありました!これで、晴れて1級建築士の仲間入りです。

毎日、残業続きの職場で、自分の勉強を続けながら合格したというのは、本当に素晴しい!巷では、1級建築士のイメージが落ちるような事件が話題になっていますが、これから、それを覆すようないい仕事をいっぱいしてください。
合格おめでとうございます!
(by webmaster Fuu)


2005.12.15
四季彩ダイニング レセプション

種類が豊富なデザート♪本日、当社が設計・施工を担当させていただいた『四季彩ダイニング』さんのオープン前レセプションが開催され、スタッフ7名ほどでお邪魔してきました。
デザイン担当A課長の成果を見たかったのはもちろんですが、それより何より気になっていたのがお料理!何でも、約100種のフードとデザートが食べ放題のブッフェ・スタイルというではありませんか!

ということで、わくわくしながら行ってみると、ゴボウ、ほうれん草、かぼちゃ、インゲンなど、身体によさそうな野菜たっぷりの料理がいろいろ。野菜好きのわたしにはうれしい限りでした。(もちろん、チキンやローストビーフやら肉系のお料理も、ちゃーんとありましたよ。)
でも、特筆すべきは、やっぱりデザート!ケーキにプリンに杏仁豆腐にゼリー…。これは、かなりの充実度。15時〜18時にデザートバイキングも行うというだけのことはあります。当然、スタの女性スタッフは、皆、がっつり食べてきました。(笑)

場所は、那覇ジャスコ3F。ランチバイキング、デザートバイキング、ディナーバイキングと昼から夜まで、バイキングが楽しめます。オープンは来週予定。買い物に行った際には、ぜひ一度寄ってみてください。特に女性にはオススメですよ〜!
(by webmaster Fuu)


2005.12.12
chez moi 晩餐会♪

先週末、当社も参加させていただいているRBCのラジオ番組『chez moi』の晩餐会(←という神々しい名前でした)に招待していただいたので、出席してきました。
参加メンバーは、『chez moi』に関わりのある方々─ パーソナリティの吉田さん、本村さん琉球放送の比嘉さん、真壁さん、「hapo」の川上さん、「スタイリッシュ ガーデン」の下地さん、「私の部屋(沖縄)」の前田ご夫妻、「module」の禰覇ご夫妻、「フラックス」の山内さん、「おきなわ建築Web」の新里さん(以上、敬称略させていただきました)、それに、当社から4名という顔ぶれ。

おいしい食事とワインをとりながら、放送業界の裏話なんかも聞いちゃったりして。(完全オフレコです!)皆さんと話がはずみ、あっという間の3時間。楽しいひとときでした。
これを機に、メンバー間で、新たなコラボレーションが生まれてくるかも??楽しみです。
(by webmaster Fuu)


2005.10.29
「Pleasant House」地鎮祭
「Pleasant House」地鎮祭行ってきました!現在、進行中の「Pleasant House」地鎮祭。
皆さん、すでにご存じでしょうが、地鎮祭とは、工事の前にその土地の神様に、工事の安全を祈願する祭事。 私たちも、これから始まる工事の安全だけでなく、今後ずーっとこの場所で暮らしていくお客様全員の無事・安全を祈願してきました。

さて、地鎮祭の具体的な内容ですが、まずはお坊さんが来て10分ほどお経を読み、その後、土地の四隅にお酒や塩を蒔きました。 そして、お施主様や設計・施工を担当する工事業者(私たちスタプランニング)が祭壇に一礼して安全を祈願。さらに「せーのぉ!!」という一斉のかけ声の下、砂山に鍬を入れました。 こうして、約20分ほどで、地鎮祭も無事終了。
あとは「なおらい」と呼ばれる会食会へ…。こうなれば、いつもの大食い「ぺーぺーW」の出番です。(笑) たらふくご馳走になりました!(ありがとうございました!)

さてさて、この後7ヶ月の工事期間を経て、宜野湾の高台に3階建ての白いお家が登場予定です。 皆さま、ぜひぜひお楽しみに!
(by ペーペーW)

2005.10.15

Macを語る人

照屋林賢さんとPower Book昨夜、トータルリビングショウの準備で、てんやわんや状態?の事務所に照屋林賢さんがいらっしゃいました。店舗改装の打ち合わせが目的だったのですが、 途中、ひょんなことから、Mac談義に花が咲きました。

林賢さん愛用のPower Bookで手作りのimovieやら、Mac OS X TigerのDashboard上のいろんなアクセサリを見せてもらったりと、打ち合わせはそっちのけで?盛り上がりました。特に、職場で唯一のMac愛好者のわたしとしては、超楽しいひとときでした♪

林賢さんいわく「Macのコストを問題にする人がいるけれど、Macを使って生み出されるものを思えば、コスト-パフォーマンスは計り知れない」とのこと。
そーなんです!そーなんですよー!わたしも常日頃から、そう思ってたんです。 林賢さん、今度社長がいるときに、ぜひ、その話をしてください。(笑)

●ajima Websit http://www.rinken.gr.jp/
 ↑コーナー日刊「へその目」は、林賢さんが毎日更新中!5年間続けているそうです。
(by webmaster Fuu)


2005.09.26

今年もやってきましたァ「トータルリビングショウ」!!

ハガキの宛名書き中皆さん、トータルリビングショウってご存知ですか?(建築関係では有名な展示会なんですが、実は、私は知らなかったのですf^^;)
トータルリビングショウとは、県下最大の住宅関連総合展のことです。出展企業各社が工夫を凝らした設計展示のほかに、色々な住まいに関するセミナーや、親子木工教室なども行われるそうです。
マイホームを計画中の人にとっては、見逃せない情報盛りだくさんの展示会なのですね。
我がスタプラ−ズ(?)も今回が2度目の参加だとかで、出展に向けて皆気合十分!!(私もハガキの宛名書きでトータルリビングショウの準備に参加?(笑))

第19回沖縄県トータルリビングショウは、沖縄コンベンションセンター(展示・会議棟)で、10月21日(金)〜23日(日)の10時から18時まで開催されます。入場無料ですので、ぜひぜひお気軽にお立ち寄りください☆
(by Internship TAMA)

2005.09.10
ギフト・ショー土産?

山のようなパンフ&カタログ色とりどりのパンフレットとカタログ。
これらは、今週の半ばに行ってきた『第60回 東京インターナショナル・ギフト・ショー』でいただいてきたパンフレットとカタログです。
NEWSのページでも紹介していますが、国内外から約2,500社が出展しているという大規模の国際見本市だけあって、ブースの数が多いのなんのって。(写真撮影が禁止されていたので、会場内の様子を紹介できないのが残念!)
6月に行った展示会『インテリアライフスタイル展』が、新製品を中心に最先端の商品の紹介というイメージに溢れていたのと比べると、今回は、どちらかというと、人気商品の販路拡大の雰囲気が強いように感じました。実際、会場では、ブース担当者と商談を進めているたくさんのバイヤー達の姿が…。そんな彼らに負けじと、ピン!ときた商品のあるブース担当者とかけあう?ために、我々も、重たいカタログを片手に、会場内を駆けずり回ってきたのでした。

ちなみに余談ですが、丸ビルで(元モデルの)川原亜矢子さんを目撃。やっぱ、キレイでした。
(by webmaster Fuu)


2005.09.03
いざ、出陣!

香港研修生 昨日、スタッフが、ついに香港へと旅立ちました。台風のために予定よりも1日遅れでしたが、ついに香港研修の始まりです。

これから、半年間、スタプランニング香港支社設立準備という使命を背負いながら、右も左もわからない香港の研修先で悪戦苦闘?の日々を送ることになるのでしょう。(うらやまし〜??)
その詳しい内容は、日報代わりのブログにて、見ることができます。(ブログ「香港研修日誌」)皆さんも応援よろしくお願いします。

ちなみに、出発前、なんだか妙に機嫌がよかった彼女。その理由が判明しました!(→理由を知りたい人は左上の写真をクリック!)
(by webmaster Fuu)


2005.08.25
衝撃のラジオデビュー!?

最近、職場で聴いているいているCD 先週、社長のピンチヒッターとして、わたくし新人Wが、急きょRBC(琉球放送)のラジオの収録へ行ってまいりました。
もともとラジオ大好きっ子な僕としては、緊張するどころか、「願っても無いチャンス!」と内心大喜び!
実は、将来、建築家をしながら、日曜の夜にラジオのJAZZ番組を持つことが夢なのです。 そこで、スイートでメロウな(笑)??大人の静かな夜を、沖縄で演出したい!! 今回の出演は、その第一歩!?

そんなこんなで、行って参りましたRBCスタジオ。
入ってびっくり!?…とってもレトロな機材が並ぶ中、パーソナリティーの方と2人だけで収録。 ぶっつけ本番のまま、建築のこと、住んでた外国のこと、ダイビングで回った世界中の海のこと…大幅に時間オーバーしちゃいました。
きっとたくさん編集されているとは思いますが、8月29日(月)朝10:00より放送予定。 お暇なら、ぜひぜひ聞いてみてください!
※RBC(琉球放送)-iRadio AM738kHz  番組名は『Chez moi(シェ モア)〜私の家で〜

ちなみに、こうした話があるときはあるもので、今度はFM那覇の番組でも収録要請あり。
こりゃ、本格的にデビューするしかないか!??
(by Jazzyな出たがり 新人W♪)


2005.08.16
「SG邸」訪問♪

SG邸リビングダイニング 先週、当社にてリフォームを担当させていただいたSG邸にお邪魔してきました。 目的は、写真撮影。オーナーのご好意で、リフォーム後の部屋の様子を撮影させていただきました。

リフォーム前の様子は写真でちらと見てたのですが、中にはいって、びっくり。以前の面影は皆無。全く異なる空間が出来上がってました。

室内は、オーナーのSGさんが希望した優しいイエローで統一され、床は大理石調のタイル、天井には美しいガレのシャンデリア。そして、壁にかかるのは、カラフルな色調のシャガールの絵。外から差し込む明るい日差しとあいまって、なんだかまるで南欧のお家にいるかのよう。最後には、シャンパンまでご馳走になって、ちょっぴり幸せなひとときでした。
SGさん、その節は、ご馳走さまでした。^ ^)/

この日撮影した写真は、住宅実績のページにて掲載予定です。お楽しみに〜。
(by webmaster Fuu)


2005.08.11
『人材育成事業研修派遣』派遣決定通知式

派遣決定通知式 一昨日、(財)沖縄県産業振興公社にて、『平成17年グローバル・ベンチャースピリット人材育成事業』の派遣決定通知式が行われました。そして、香港研修がすでに決定している当社スタッフの富原が式に出席。
わたしも、 その様子を取材するために(といったら、オーバーだけど)、通知式にちらとお邪魔してきました。

今回、派遣研修生に選ばれたのは5名。そのうち、4名がオーストラリアやスリランカなど、海外での研修とのこと。時代は海外なのですねー。(しみじみ)

うちのスタッフは、スタプランニング海外支社設立に向けての大きな使命を背負っての研修。 海外での慣れない環境で大変だとは思いますが、SARSに気をつけてがんばってきてください〜。

尚、当スタッフの研修先での悪戦苦闘?の様子は、ブログにて公開していく予定です。お楽しみに〜
(by webmaster Fuu)


2005. 07.25
やればできる??

1級建築士の学科試験に受かったと思われる某スタッフの机 昨日、2005年1級建築士の資格試験があり、当社の設計スタッフも受験しました。
我がスタプランニングでは、1級建築士受験者は、試験前に、仕事を休んで勉強してもいいという素晴らしい習わし(??)があるのですが、そうはいっても
、現実的には、仕事が忙しく、なかなか休めるものでもなく、結局、毎晩遅くまで仕事しながらの受験になったようです。

昨日の試験の合格発表は9月の半ばの予定ですが、本日、某スタッフが自己採点をしてみたところ、学科試験はパスできたのではないかという結果に。すごい!すごい! おめでとう!!次は2次の製図試験、がんばってください!

(by webmaster Fuu)


2005. 07.22
現場見学会開催

見学コースについて説明中! 本日、お昼休みの後、事務所に戻ると、なぜか若者でいっぱい。座る場所もないほど。 そういえば、今日は現場見学会の日でしたっけ。

これは、 当社の入社試験を希望される学生さんを対象に、毎年開催している見学会で、稼働中の現場をいくつか一緒に回ってくるというもの。
工事の進行状況をコントロールしながら、海千山千の職人さんたちをとりまとめていかなければいけない現場管理の仕事は、想像以上に大変な仕事。施工管理業務まで行っている当社としては、そのへんの実情を少しでも知ってもらおうというのが目的です。

 実際、まわった現場は、厳しい暑さの中、どこも追い込み状態で迫力十分(だったはず)。 「もしかしたら、びっくりした学生さんもいたかも?」とは、本日の引率者の弁。

 今日、見学会に参加された皆さん、暑い中、お疲れさまでした。来週の入社試験、がんばってくださいね。
(by webmaster Fuu)


2005. 07.09
夏の暑さとタイ料理

チキンのバジル炒め 連日、暑い日が続いています。
今月になって、街中で見かけるレンタカーの数が急増。確かに、海沿いのリゾート地では、この暑さが逆に心地いいぐらいかもしれません。
でも、働く者にとっては、かなりハードな環境です。 建設中の物件の施工管理に出ているうちのスタッフも、現場から、帰ってくると、皆、ヘロヘロ状態です。

かくゆうわたしも、最近、ちょっと夏バテぎみ。(実は、暑いのが大の苦手。)今朝も、食欲がなく、朝食抜き状態。このままじゃ、いかーん!と、お昼はタイ料理にしました。そう、暑いときには、暑い国の料理。きっと身体にいいはず。
今日のメニューはチキンのバジル炒めでした。 ビリッとした辛さが食欲をそそります。これに、パクチー入りのスープとサラダとプチデザート。どちらかといえば、苦手なパクチーも、消化を助けてくれるという薬用効果を期待して、今日はぜーんぶ食べました。(ま、おいしかったからってのが最大の理由ですが。)

まだまだ続く暑い夏。みんな、頑張って乗り切りましょう。
(by webmaster Fuu)


2005. 06.27
怪しい女??

モザイクのせいで、ますます怪しくなってしまった写真 先週末、スタプランニングでは、第2回目のブレーン・ストーミング(作業環境向上のためのミーティング)が行われました。そ〜なんです。スタでは、最近、よりよい会社にするために、みなでアイディアを出し合ったりしてるんです。

…ま、それは置いといて、写真はその時のひとコマ。わずか10分ほどの休憩時間に目撃した光景です。RIさん、仕事で疲れ果てて、倒れこんでいるかと思いきや、なんと、この姿勢でぐっすり寝てました。なんでも、前日の夜、スタッフと飲みに行って(といっても彼女はお酒は飲まないですけど)、睡眠時間が3時間もなかったとかなんとか。
でも、何も知らない人が見たら、行き倒れした怪しい女?と勘違いしてしまいますよー。

若いからといって、無理は禁物。仕事も忙しいことだし、ご自愛のほどを…。
(by webmaster Fuu)


2005. 06.20
大航海レキオス

大航海レキオス行ってきました。現代版組踊『大航海レキオス』。

そう、「スタッフのちょっと気になるアレコレ」のコーナーでもご紹介した、平田大一さん演出の舞台です。

前回に観た『肝高の阿麻和利』は、勝連をポイントにしたストーリーでしたが、今回は、それがさらに広がり、“アジアの中の琉球”という視点で、物語が進みます。

今回も、舞台を通して、平田さんの沖縄に対する想いは、バンバン伝わってきました。そして、演じる役者さんたちの楽しそうなこと。いつのまにか、どんどん舞台に引込まれていきます。

それにしても、 『肝高の阿麻和利』、『大航海レキオス』と、これだけの完成度で創りあげてしまうと、次が大変。今後はどういう方向に向っていくのだろう?などと、部外者ながら、変に心配してしまいます。(←いらぬお世話!)(笑)

そんな懸念をぶっ飛ばしてくれるに違いない、今後の平田大一さんの活躍を大いに期待したいと思います。
(by webmaster Fuu)


2005. 06.06
新たなる旅立ち

送別会の様子先週末、送別会がありました。
我がスタプランニングの中では、キャリアが長く、生き字引といっても過言ではない??Y主任の送別会でした。
今後は独立して、自分がやりたいという新しいジャンルの仕事に進むそうです。

挨拶の際には、ちょっぴり涙ぐむ瞬間もありましたが、自分が進むべき道が見つかった主任は、希望にあふれ、イキイキしていました。これから頑張ってほしいと思います。

今まで、彼をもりたててくださったお客様、協力会社の皆様、長い間、本当にありがとうございました。これからの彼の成長を暖かく見守ってやってください。そして、今後、皆様と新たに仕事させていただくことになる新スタッフをよろしくお願いいたします。
(by webmaster Fuu)


2005. 06.03
バークレーズ・コート地鎮祭

バークレーズ・コート地鎮祭この秋、浦添のアメリカ領事館となりにあったアメリカ工兵隊跡地に、大型ショッピングセンターが完成予定です。その名は「バークレーズ・コート」。

地域住民の生活の利便性向上のため、電化専門店、食品スーパー物販専門店、飲食店やドライブスルーなどなど、様々な形態のお店がズラリ立ち並ぶそうです。
そして、この大型ショッピングセンターに集う各店舗の内装工事を取りまとめる「内装監理室」を、わがスタプランニングが受け持つことになりました!(ちなみに工事全体の総合設計監理は、産業祭りのブースでご一緒させていただいた外間建築設計事務所さんです。)

で、昨日、この「バークレーズ・コート」の地鎮祭に、社長や担当者と共に出席してきました。
それにしても、敷地が広い広い。まだ何も建ってないから余計にそう感じるのかな?
人も多かった。アメリカ領事までいらっしゃってたのには、少しびっくり!きっと、領事館の人たちは、完成の暁には、毎日ここでスタバを飲むんだろうなぁ。(うらやましい。。)

地鎮祭終了後は、すぐとなりのテントで、食事や飲み物をいただきました。ローストビーフが柔らかくておいしかった〜。皆さんが楽しく歓談されてる脇で、ビュッフェのお皿すべての料理を全部制覇。さらには、沖縄そばにまで触手を伸ばし、大満足の私。(普段貧乏生活バレバレ?)
でも、料理だけでなく、きちんと今後の工事の安全も祈願いたしました。
みなさん!11月にはぜひぜひ、この「バークレーズ・コート」へ遊びに来てくださいね。
(by ペーペーW)


2005. 05.23
棟上げ式

ヒージャー汁体験中先週末、現在、建築中の物件『M邸』の棟上げ式でした。
棟上げ式とは、元来、新築の際、柱、梁、桁、力板などの骨組みが完成した後、工事責任者である棟梁が、建物が完成するまで、災いが起こらないようにという願いをこめて行なう儀式です。
が、最近では、建主が工事関係者に対して、料理やお酒をふるまい、彼らの労をねぎらうという意味が強くなってきているようです。

その他の詳細は、ブログにて。→http://blog.livedoor.jp/d_1/

さて、本土で、棟上げ式といえば、お餅や小銭を巻くイメージが強いですが、沖縄で、棟上げ式といえば、『ヒージャー(山羊のこと)』!

ってことで、スタッフもご馳走になってきました。ヒージャー汁&バーベキュー♪
ヒージャーは、独特のくせがあるので、最近の若い世代では苦手な人も増えていきてますが、アジアで鍛えられた(?)新スタッフFは、「全然ヘーキ」とペロリ。

Mさん、土曜日は、ご馳走さまでした〜。^ ^)/
(by webmaster Fuu)


2005. 05.10
肝高の阿麻和利(その2)

肝高の阿麻和利『組踊・肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)』…この沖縄の、ミュージカルのような舞台の評判の高さを前々から聞いていて、待ちに待った5月5日。(3月の公演に行けなかった)スタッフと一緒に、那覇市民会館へ行ってきました!!

およそ550年前、沖縄戦乱時代の勝連城主「阿麻和利」の物語を、地元中高生が総勢150名で演ずる舞台。
どうやら「阿麻和利」という人は、沖縄の通説では琉球王朝を裏切った逆賊のような人らしい。(県外出身者の私は初めて知った)
しかし、実際はそうではなく、とても肝高い(誇り高い)立派な英雄だったのだよ〜というのが話しの筋。
まるで忠臣蔵の悪玉・吉良上野介が、地元では名君中の名君と慕われてるのと同じ現象。
このことが、中高生たちが演じる力強い演技の中に、地元への愛情・自分たちの町の歴史への愛情という深みを与えていて、とても感動しました。
また、伝統的な組踊りを自在にアレンジして、しかし大切なところはしっかりと抑えた踊りの数々。 ストーリーもテンポも良く、あっという間の2時間。
中でもびっくりしたのは、目に見えるかたちでの台詞ミスが誰からもひとつも無かったこと。 プロとして質の高さを実感しました。

本当に最後の最後まで、地元の中高生という枠を超えた素晴らしい演技と情熱に裏打ちされた舞台。 大きな元気と深い愛情をたっぷり頂いて、幸せな気分で家路に着くことができました!!
(by ペーペーW)


2005. 05.07
巨大グッピー出現?

誰かもらってやってください壺(というかカメというか…)が並んでいます。事務所の場所を説明するときにも、「前に大きな壺が並んでいるところです」というぐらい。(詳しくは、このページの“2004. 06. 23”を参照。)

で、本日、夏を前にして、中にはいっている水の入れ替えをしました。(壺の中にはグッピーがいるんです。)が、さすがに、大きい!水の入れ替えだけでも、大仕事。グッピーを逃がさないように、水を入れ替えるって、結構、テクがいりました。(笑)

さて、本日の写真は、その時のひとコマ。巨大グッピー「ノーリー」が壺から顏を覗かせたところです。なんとなく、捨てられる直前のペットのような表情をしているような気がするのは、わたしだけでしょーか?
(by webmaster Fuu)


2005. 04.08

FC琉球キックオフオパーティ

パーティの様子昨日、「FC琉球キックオフパーティ」なるものに、M課長と共に行ってきました。
「そもそも、なぜ、このパーティにスタが招待されているのか?どんなパーティなのか?」訳がわからぬまま、会場のパシフックホテルへと到着。
会場では、プロジェクターで今までの試合等が流されていて、それを見ているうちに、サッカー好きの僕としては、徐々にテンションが上がってきました。そして、いよいよ、パーティスタート!

オープニングは、エイサーと和太鼓のコラボによる演舞。これは、自分が今まで見たことのないような、すごく攻撃的なイメージのするパーフォマンスで、まさに「キックオフパーティ」にふさわしい内容。次に、選手の紹介が続きましたが、これも、レーザー光線やら、噴火物?(演出用花火っていうんですかね?)を使っていて、演出という点でも勉強になりました。
あ、そうそう、FC琉球代表の野口さんとも、少しお話させていただきました。ものすごく、FC琉球のチームが好きで、サッカーが好きで、そして、沖縄が好きだというのが伝わってきました。

FC琉球の皆さん、次の試合がんばってください!(オ〜レ〜、オレ、オレ、オレ〜♪)
(by soccer fan Shige)


2005. 03.31

肝高の阿麻和利(その1)

肝高の阿麻和利先週末、スタッフ有志で、勝連町のきむたかホールへ現代版組踊といわれる『肝高の阿麻和利』を見に行ってきました。演出は、「南島詩人」の平田大一さん。いろんな人から「とってもいいよー」といわれてきたので、ずいぶん前から気になっていた公演ですが、今回、ようやく見ることができました。

で、感想はというと…、噂通りに「とってもいい!」。

はっきりいって、ストーリーは、歴史物にはありがちな内容。でも、これを生き生きと演じているのが、すべて中高校生というのが驚き。彼らの真剣な演技に、いつのまにか、舞台へとぐいぐい引込まれていきます。

でも、個人的に、一番感動させられたのは、この『肝高の阿麻和利』が行われている仕組みそのもの。
出演している中高校生は、この舞台を通して、勝連の歴史を学び、方言を学び、伝統芸能を学び、一緒に舞台を作り上げる大人たちとのコミュニケーションを学び、さらには、仲間たちとのネットワークをつくりあげ、学校以外の社会というものを体験することができます。それに加えて、舞台を支えてくれる家族との絆は深まり、そうやって、創りあげた舞台をいろんな人に見てもらい、感動を与えることで、自信がつき、地元に誇りをもち…。そうして
、地域的に見れば、経済的な動きも当然出てくる…と。 どうです? 本当に素晴らしい仕組みではないですか。

今後、こういう地域興しが、もっと、もっと、増えてくるといいですね。
(by webmaster Fuu)

2005. 03.17

地鎮祭

地鎮祭今月はじめ、うちのお客様の地鎮祭に出席させていただきました。
地鎮祭とは、「建築工事の着工前に、建主が中心となり、工事関係者も参列して、その土地の守護神に無事完成を祈願する祭儀のこと」だそうです。(たぶん、皆さん、ご存じですよね?)
ただ、フツーの人が、建物を建てる機会はそう多いわけではないので、工事関係者以外は、地鎮祭に出席する回数は限られているのではないでしょうか?
実際、わたしにとっても、生まれてはじめての地鎮祭出席。 一体、どんなことが行われるのか興味津々。

現場に到着すると、敷地の中程に祝幕が張られた中に祭壇が設けられ、すでにお供物も供えられていました。さらに、祭壇の横には円錐形に盛られた砂が…。これは、斎砂(イミスナ)というらしいです。そうこうしている間に、お坊さん到着。この辺は、神式、仏式、その他、地方ごとで、微妙に違いがあるようです。
その後、お経があげられ(神式の場合は祝詞っていくことになるんでしょうね。)、土地の四方にお米とお酒(泡盛?)と塩が撒かれていました。そして、クライマックスは、盛られた砂への鍬入れ。これは、起工の意味があるとのこと。

こうして、無事、地鎮祭も終了。地鎮祭が終わると、いよいよ工事着工です。家が建つまでのこれからの様子は、またお知らせしていく予定です。お楽しみに〜。
(by webmaster Fuu)


2005. 02.25

エビ三昧 ♪

車えびレストラン『球屋』さんNEWSのページでも紹介している2/25オープンの車えびレストラン『球屋』さん。なんと、オープン前に我らスタッフをお店に招待してくださったので、皆でお邪魔してきました。

最初にいただいたのが、「やわら」という脱皮直後のエビ。なんと全体のわずか1%という超貴重なエビで、名前の通り柔らかく、網で焼いた後、殻のまま食べられます。(写真:上) その次は、新鮮さの極みの生きたエビ。これも、養殖場の中にあるレストランだからできるメニュー。自分で頭をとって、さしみとして食べるのですが、迷いもなく、ズバズバ解体して食べまくる隣のR.Tとは違って(証拠写真:中)、心優しい?わたしは、どーしても、手を下す?ことができませんでした。(>。<) が、他の人から頭をとってもらって食べた生のエビはプリプリして、ものすごーく美味しかったです♪
その他、出していただいたエビの天ぷら、近くで生産されているという紅豚のしゃぶしゃぶ、どれもこれもみな絶品!スーパーで買ったものとは雲泥の差。あまりの美味しさに、食べ過ぎて気持ちの悪くなる者もでたほど!

エビの養殖場と レストラトを経営しているのは、川崎さん夫妻(写真下)。とっても気さくで笑顔の素敵な方々です。レストランのメニューの方は、皆さんの要望も取り入れながら、どんどん充実させていきたいとのことでした。
エビ好きな方、ほんとオススメです。休日にドライブがてら、家族で食べに行ってみてください。
●車えびレストラン『球屋(たまや)』HP
  http://www.ginozaab.com/

最後に、川崎さん、美味しいエビご馳走さまでした!^ ^)/
(by webmaster Fuu)


2005. 02.07

10才の誕生日ケーキ?

誕生日ケーキ先週、うれしい差し入れがありました。
それは、でっかいお誕生日ケーキ。ちゃんと10本のろうそくもついてました。
一体、誰の誕生日だったのでしょう?

実は、スタプランニング10周年のお祝いのケーキだったのです。

直径32cmもあるでっかいケーキを見て、仕事中のスタッフもわらわらと(?)みんな集まってきて、10本のろうそくに火を灯しました。写真はその時のものです。(ちゃんと「10周年記念おめでとうございます」と書かれてあるのが見えますか〜?)

もちろん、 この後、ケーキがスタッフみんなと事務所を訪れた人たちのお腹にがおさまったことはいうまでもありません。(笑)

宮国さん、素敵な差し入れをありがとうございました。^ ^)/
(by webmaster Fuu)


2005. 01.31

創立10周年記念パーティ

創立10周年記念パーティの様子NEWSのページでもお知らせしていますが、先週の金曜日、ホテル日航グランドキャッスルにて、スタプランニング創立10周年記念パーティが開催されました。

パーティは、サラ・ブライトマンの美しい音楽にあわせた「光と音楽のライティングショー」にはじまり、社長挨拶、ご来賓の挨拶(その1)、さらに乾杯の挨拶へと続き、その後、歓談タイム中に、ご来賓の挨拶(その2)、「スタプランニング10周年の歩み」のスライドショー、友人代表の挨拶、(スタッフの山入端が参加している)仲間青年会によるエイサーというプログラムで進みました。

この日のために、昨年末より、毎晩遅くまで準備してきましたが、いざはじまると、あっちこっちへ走り回っている間に、いつのまにか終わってしまっていたという感じ。準備の時間に比べて、本番の時間の短いこと!でも、会場にいらしゃってくださった方々から、たくさんの温かいお祝いの言葉をいただき、これまでの苦労が報われる思いでした。

最後に、当日は、夕方からあいにくの小雨模様でしたが、それにも関わらず、250名ものたくさんの方々にきていただき、本当にありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
(by webmaster Fuu)


2005. 01.06

謹賀新年!

事務所に飾られた松竹梅の置き物新年明けましておめでとうございます。

いよいよ2005年がスタートしました。皆様のお正月はいかがでしたか? わたしたち、スタプランニングの仕事始めは、4日からだったのですが、今年も、スタッフは、初日に首里にある『だるま寺』で座禅を組んできました。座禅なんて、日常生活では滅多にできませんが、新たな決意を持って、一年をスタートさせるには、なかなかふさわしい体験ですよ。
ところで、今年、スタプランニングは10周年を迎えます。これもひとえに皆様方の暖かいご支援の賜物です。いつもありがとうございます。今月末には、10周年記念パーティも開催する予定です。(今、その準備に追われています〜。)詳しい内容は、またご報告しますね。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(by webmaster Fuu)