STTA planning

沖縄から世界へオリジナルな快適空間を創造する企画 & 設計のデザイン事務所

Contact us
top
news
concept
services
works
company
word
recruit
links
→過去のNEWSへ 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年


 2017.10.13

西原まつり
記事
記事
上:ポスター
下:ポスター裏面

第21回西原まつりが平成29年10月28日(土)と29日(日)に開催されます!

テーマ
【想像しよう地域力、未来へ繋ごう文化力 〜ちびらーさん西原!〜】

東崎公園を会場に尚巴王&琉球絵巻や、世界大会で最高賞に輝いた西原高校マーチングバンド部、ほかにも様々なパフォーマンスで祭りを盛り上げます。

開催日程
10月28日(土) 13:00〜21:00
10月29日(日) 12:30〜21:00(2日開催)

会場:東崎公園

二日間共、最後のプログラムとして花火ショーがあり、二日目はレーザー・花火ショーです。空に浮かぶ大輪の花火とレーザーがおりなす綺麗な光景を、是非会場でお楽しみください!

会場にお越しになる皆様へ
祭りの会場では「ゴミゼロ運動」にご協力ください!
西原まつりでは、クリーンで楽しいまつりを目指し、「ゴミゼロ運動」を実施します。
ご来場のみなさまのご協力よろしくお願いします。

排出したゴミは持ち帰りましょう!

お問い合わせ:第21回西原まつり実行委員会
TEL(098)945-4533


staff Y

 2017.10.13

おきなわ技能フェスティバル「ものづくりフェスタ2017」
記事
記事
上:ポスター
下:ポスター裏面

ものづくりフェスタ2017が平成29年10月21日(土)と22日(日)に開催されます!

ものづくりフェスタ2017は、第5回造園・第31回調理「技能競技大会」も同時開催されます!

ものづくりフェスタ2017会場内にはものづくり体験コーナー(無料)もあります。
【体験内容】・漆喰シーサー・貯金箱・恐竜の卵・シャツ型コースター・キーホルダー・テッシュケース・通行手形・赤瓦の絵付け・ネームプレート・水鉄砲・手打ち沖縄そば・ミニ六角形畳・おろし金・LEDシェード・ガラス絵

入場料:無料

開催日程
10月21日(土) 10:30〜17:00 オープニングセレモニー 10:15
10月22日(日) 10:00〜17:00(2日開催)

第1会場:波の上うみそら公園(那覇市辻3-10-12)
第2会場:那覇地域職業訓練センター(那覇市西3-14-1)

第5回沖縄県造園技能競技大会
10/21(土)【第1会場】沖縄風の竹垣のある庭を作成する(軽トラガーデン)
10/22(日)【第1会場】競技作品の展示

第31回沖縄県調理技能競技大会
10/21(土)【第1会場】氷彫刻部門(一本彫り)
10/22(日)【第2会場】・日本料理(会席の部・単品の部品)・西洋料理(コースの部・単品の部)・中国料理(コースの部・単品の部)・学生部門(単品の部)

事業主体:沖縄県職業能力開発協会


staff Y

 2017.09.25

第2回おきなわ建設フェスタ
記事
上:おきなわ建設フェスタの開催概要

第2回おきなわ建設フェスタが平成29年11月12日(日)に開催されます!

おきなわ建設フェスタは、建築産業のイメージアップを図るとともに、若い人材の確保につなげていくことを目指し、建築産業の社会的役割と魅力を、各種イベント等を通して知ってもらう事を目的としている。

パネルの展示やレクレーションの他に、各団体・企業が企画したイベントがあります。
例)高所作業車体験試乗、草花寄せ植え体験、ドローン飛行実演、ペットボトルロケット飛ばし、木工教室

入場料:無料

開催日程:平成29年11月12日(日)10:00〜17:00(1日開催)

会場:沖縄県総合運動公園体育館・同駐車場

事業主体:おきなわ建設フェスタ実行委員会

開催つきまして協賛募集しております。興味がある皆様は
TEL:098-867-1290
までお問い合わせください。
期限:平成29年10月13日(金)

「建設業に興味あるけど、どういうことをしているのかわからない」という貴方!
この機会に是非会場に足をお運びください。


staff Y

 2017.08.30

国連WFPニュース
記事
記事
上:国連WEPの記事
下:身近な国連WFP支援の商品

〜飢餓のない世界を目指して〜

国連の食糧支援機関である国連WFPからニュースが届いています。

「飢きん」寸前の危機的状況!世界では今、南スーダン、イエメン、ソマリア、ナイジェリアの4か国で約2000万人の人が飢きんの脅威にさらされています。

この様な状況の中、常に命の危機にさらされているのは最も弱い存在である幼い子どもたちです。

先幼い子どもたちが必要な栄養を摂取できないと、その後の成長に大きな影響を及ぼし一生取り返しのつかないダメージを受けることもあります。

それは、発展途上にあるその国の社会にとっても、発展の阻害要因となります。

子どもたちの未来を守る為、少しでも多くの皆様のご支援が必要です。皆様のご理解と、温かいお力添えを、心よりお願い申し上げます。

支援したいけどやり方が分からないという皆さま、身近に国連WFP支援の商品があることはご存知ですか?
レッドカップキャンペーンといって、マークがついている商品の売り上げの一部が学校給食に寄付されます。

この夏新たに企業が参加!
伊藤園の充実野菜(3種類)、日清食品のチキンラーメン金の炒飯、イカリソースのイカリウエスターソース等(7商品)です。

普段、日常生活をする上で食べている食品が、こういった飢きんで苦しんでいる世界の子どもたちを助けるのだと思うと感慨深いものがありますね。


staff Y

 2017.08.30

道の日
記事
記事
記事
上:掲示物
中:掲示物2
下:当日の様子

皆様は「道の日」を知っていますか?

8月10日を「道の日」と制定されております。道は普段の生活に必要な物ですが、あまりに身近な存在のため、その重要性が見過ごされがちです。その、道路の意義・重要性に関心をもっていただくための日が8月10日です。

この度は、那覇市の道路管理課さんにて道路ふれあい月間が行われました。

弊社は普段から月に一度の早朝清掃を含め、積極的に地域のボランティア活動に取り組んでおります。

先日も第2回違反簡易広告物合同除去作業に弊社から7名が参加してきました。

その道路ふれあい月間中に開催されたパネル展にて、弊社の活動が掲示して頂きました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

弊社も綺麗な那覇を作る為にこれからも積極的に参加していこうと思います。

【那覇市路上違反簡易広告物除去活動 とは】
那覇市は、市管理道路に許可なく設置された簡易広告物の除去を、市民の方が単独で行えるようになっております。(主に電柱などに貼られているシール状のチラシ等)
簡単に説明すると、違反広告物を皆様の手で除去する活動です。

TEL:098-951-3237
HP:那覇市道路管理課HP
までお問い合わせください。


staff Y

 2017.08.19

第47回 那覇大綱挽!
記事
上:大綱挽のお知らせ

2017年10月8日(日)に第47回那覇大綱挽が開催されます!

「ギネス認定、世界一の大綱をみんなで挽こう!!」

当日の日程は

・11時30分 大綱挽行列(うふんなすねーい)国際通り
・14時30分 那覇大綱挽(国道58号線 久茂地交差点)

となっております!

当日は、大勢の人が訪れる事から熱中症にご注意ください。水分をこまめに補給してください。

そして大変混雑しますので、公共交通機関のご利用をお願いします。


【第47回 那覇大綱挽募金へのご協力依頼】
那覇大綱挽保存会は、 この大綱挽という行事を継承し発展させていかなければならないと思っております。つきまして、この「那覇大綱挽」の成功のために特段のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1450年から先人たちによって実施され、今まで大綱と伝統も引き継いできた那覇大綱挽という祭事は、那覇市民が世界に誇る文化の一つとして、沖縄観光の一大魅力として沖縄の振興に大きく貢献しております。

少しでもこの支援に興味がある皆様は
・一般社団法人那覇大綱挽保存会
(TEL:866-4858 FAX:866-7770)
までお問い合わせください。


staff Y

 2017.07.26

与儀小学校の児童より
記事
上:送られてきた暑中見舞い

与儀小学校の児童よりかもめーるが来ていました!

先日記事に乗せた「手紙文化振興施策」として、弊社は与儀小学校に、かもめーる(暑中見舞い)の寄付を行っています。

その一環として小学生が書いた、かもめーるが与儀小学校の児童より弊社に届いています!

丁寧に書かれたかもめーるに心がぽかぽかしてきました。

キレイにさいたお花の絵も描かれていて、夏のお便りとしても、貰ってとても嬉しいかもめーるでした。

書いては消して書いては消しての努力の跡が見えるのも、手書きでの手紙の良さですね。

今回は弊社にかもめーるを送ってくれた与儀小学校の生徒さん、ありがとうございます!


staff Y

 2017.07.26

国連UNHCR協会から
記事
上:水がない!アフリカ東部の現状、記事

国連UNHCR協会から緊急ご支援のお願いが来ています!

現在アフリカ大陸東部は、深刻な干ばつ被害に見舞われています。

ですが、国連UNHCR協会ではアフリカでの活動資金が大幅に不足してしているのが現状です。

そのため、人々が必要とする最低限の水すら届けることができない危機に直面しています。

記事を読んでみました。「渇きと飢えが引き起こす感染症に国境は関係ありません。爆発的に広がり、もっとも弱い立場に置かれた人々を死へと追いやります」

この言葉に、その感染源であると考えられる、汚れた水を飲まないと生きていけないという現状を少しでも改善できるといいなと思いました。

緊急のご支援、お願いします。


staff Y

 2017.07.21

古蔵小学校より「手紙文化振興施策」
記事
上:古蔵小学校より「手紙文化振興施策」のお礼状

下記の記事と同様に古蔵小学校でも『手紙文化の振興施策』を行っています

そのお礼状が古蔵小学校、古蔵幼稚園の先生方から届いておりました。児童がつくったピーマンや作品等の写真が載っており、ほほえましく感じました。

弊社は、古蔵小学校、幼稚園に通う児童にかもめーる寄付させていただきました。

そのハガキをを使い、児童の「暑中見舞い」を書く機会につながったという事で、児童の様子を感じることができる写真を拝見できて嬉しいです。

この授業の中で、手紙を書くことの楽しさを体験できたのではないでしょうか?

そしていつか自主的に手紙を書いてみようと思う日が来るとよりいいですね。


staff Y

 2017.07.21

与儀小学校より「手紙文化振興施策」
記事
上:与儀小学校より「手紙文化振興施策」についてのご案内

最近はメールやSNS等が普及し、子どもたちの活字離れ、手紙離れが深刻な問題となっています。

その対策として、かもめーる(暑中見舞い)を通して、手紙文化の振興施策を与儀小学校では行っております。

弊社は協賛企業として与儀小学校に通う小学生児童にかもめーる寄付させていただきました。

こうした取り組みによって、子どもたちがいざ手紙を書くことになった時に「漢字が書けない」「文にできない」等、悩まないようになっていればいいと思います。

ネットが普及した世の中でも、いつかは必ず、手紙を書く機会があると思います。手紙ではなかったとしても、自分で文を考え、文字に起こしてみないと気づけないことも、たくさんあります。

その一歩になっていると嬉しいです。


staff Y

 2017.07.21

国境なき医師団(MSF)よりお礼状
記事
上:国境なき医師団(MSF)様より頂いたお礼状の一枚目

弊社は援助活動の為、前々から事務所に募金箱を設置しております。

この度は国境なき医師団(MSF)の活動援助の為に募金させて頂いています。

世界には、日本で小さい頃から受けることができた治療を受けることができず、命を落とす子どもがたくさんおります。今回のお礼状に同封されていた内容を読んでみたところ、改めて私たちが恵まれていたのだと再認識させられました。

募金したお金で世界の医療事情が良くなり、小さな命が少しでも救われることを祈っております。

『想像してみてください。あなたが救える、その小さな命を』by国境なき医師団

この記事を読んだ方が少しでもこの活動に興味を持っていただけるよう願っております。


staff Y

 2017.07.21

h29県内県外合同企業説明会:高校生向け
記事
上:合同説明会(高校生向け)の参加お礼状

7/12に沖縄コンベンションセンターで行われた、『h29県内県外合同企業説明会:高校生向け』に弊社は参加してまいりました。

そのお礼状が、沖縄県商工労働部長様からとどいています。この度は、ご丁寧にお礼状を送っていただき、誠にありがとうございます。

合同説明会の会場にて弊社のブースにお立ち寄りいただいた皆様、短い時間ではありましたが、弊社の企業説明をお聞き下さり、ありがとうございます。

まだ、進学か就職かで迷っている学生の方もいらっしゃったと思います。この合同説明会に参加してみた事によって、進路決定に繋がる機会になっていれば幸いです。

参加人数、県内外から165社、学校側から2112人(生徒数:1962人。引率者数;150人)


staff Y

 2017.07.19

おしごとbook
記事
上:おしごとbookの表紙

おしごとbookとは企業実習に行った学生の視点で紹介した「おシゴトの魅力発見」ガイドのことです。

学生が企業実習で感じた事、気づいた事をまとめ形にしてくれています。

スタプランニングで企業実習を行った学生の方のレポートも載っています。

この会社はどんなところだろう?仕事をすることについてなど、実際に会社に入ってからしかわからないようなことを企業実習という形で体験できるのは、とてもいいなと思いました。

【期間】2016年9月15日〜9月17日の三日間

他にも45社の記事が載っています。機会がありましたらぜひ読んでみてください!


staff Y

 2017.06.28

入社三か月目
記事
上:伊佐母校からの素敵な記事

入社して3か月目!

4月に入社して、ある程度仕事内容も分かり始めてきたこの頃・・・

新入社員、伊佐の母校である名護商工高等学校から、素敵な贈り物が!

平成29年3月に名護商工高等学校を卒業した伊佐。
最近、STTAに母校の進路担当の方が、就職後面談にいらっしゃいました。

「実践から学ぶ道を選んで就職しました。どんなことにも積極的に取り組み、技術や知識、感覚等、あらゆることを吸収していきたいです。」by伊佐

これからの意気込みや、後輩への一言等が記載されています。後輩の皆様、進路でお悩みの方、ぜひ参考に見てください!


staff Y

→過去のNEWSへ 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年